本の荷造りが大変だった

私はかなりの読書好きであるため、家にたくさん本があります。以前引越しをしたとき、大変だったのは本の荷造りです。

すべての本を持っていくのはさすがに無理があったため、いる本といらない本に分けて整理したのです。しかし量が多かったため、必要なものと不必要なものに分けるだけでもかなりの時間がかかったのです。しかもその後に必要な本を箱や袋などに詰め、いらない本は処分しなければならないのですから本当に大変でした。

いらない本はただ捨てるよりも古本屋に売ったほうがいいと思い、売りに行きましたが全部を売ることは無理でした。ボロいものや古すぎるものは買い取ってもらえなかったのです。仕方がないので普通に捨てましたが、こんなことなら本の管理をしっかりとしておけば良かったなと思います。

また本の荷造りで私は少し失敗してしまったのです。それは一つの箱や袋に本を詰め込みすぎたことです。そのせいで重量がかなりのものになってしまい、運ぶのが大変でした。本が集まったときの重さを甘く見ていました。塵も積もれば山となるを実感した出来事です。

引っ越しは準備が大切