不安だった引っ越しの印象が一変した神対応

二年前、大学進学の為に千葉県から東京都へ引っ越しすることになりました。
転居先は隣の県で片道二時間弱、テレビやベッドは向こうで買うことになっていた、なにより業者の方に私物を運ばれるのをあまり好ましく思っておらず(この頃は業者さんは乱暴だと思い込んでいました、後に間違いだったと考えを改めます)、最初は親に車で運んでもらうつもりでした。

しかし、思っていたよりも荷物は多く、一往復で運べる量ではとてもなかったため車は断念。大人しく某大手業者へ依頼することにしました。
繁忙期でしたが、予約を済ませ後は当日を待つのみとなりました。

業者の方に対して乱暴だという偏見を持っていた私は、引っ越しが非常に憂鬱でしたが、しないわけにもいかず、あっという間に当日。

業者さんは、40代くらいの方1名と20代くらいの方1名の計2名でした。
ビクビクしていた私は、出会い頭の丁寧で快活な挨拶に心底ホッとしました。
作業自体も迅速で、見ていて非常に安心できるものでした。

新居に荷物を運んでいただく際には、入る前に靴下を履き替えるという神対応…そこまでしなくても!と感じてしまうくらい素晴らしかったです。
これと言ったトラブルもなく、搬入が完了しました。

作業終了後、アンケートを書くように頼まれ、応じました。
選択式のアンケートではなく、記入式だったため好意的に感じたことを書かせていただきましたが、「もし気になることがあっても本人達の眼の前では書けないよな、、」と思いました。

全体的に大満足の対応で、私の引っ越し業者さんに対する偏見を完全に取っ払っていただきました。

以上が、私の体験談となります。

格安料金で引っ越しするための秘訣
引越し料金を格安にしたいならこのサイト。元引越屋が効率的に格安で契約するための方法を詳しく解説しています。費用を少しでも節約したいならこちら。
http://www.gpcatalogue.com/kakuyasuhikkoshi/

知っているだけで得をする情報が満載。例えば引越し料金って業者の閑散期を選ぶだけで値引き額が大きくなるって知ってました。

繁忙期と閑散期の差が激しく暇だとスタッフを遊ばせてしまう為にトラックの予定を埋めるために採算度外視の激安料金で契約しようという引越し業者も多くあるのです。

世間で言われる激安引越しはこうした日から生まれる可能性が高いと言えます。一番忙しいのは3月下旬から4月上旬。シーズンと呼ばれる時期です。

まずはこの時期を外すのが何よりも大切。後は暇な可能性が高い日を選択していくことで値引き額もますますアップし、安い引越し料金で契約できる可能性が高まります。

安い料金と高い料金の差額は1万2万は当たり前、総額が高い場合などは10万円以上の差額が発生する場合もあります。

これだけ違うのなら会社を休んででも暇な日の代表格である平日で契約する価値は十分にあるでしょう。

もうひとつ引越し料金を格安にするための効果的な方法が複数業者から見積もり料金を聞くことです。

定価という物が無い引っ越しはライバル会社の出現により値引き合戦が始まり、引っ越し料金はどんどん安くなるでしょう。

恐らくほどんどの営業が他に業者を呼ばれるのか、すでに呼ばれたのかをすごく気にしています。

既に見積もりを終えている業者があるなら、提示した引越し料金を知りたがるはずです。そしてその金額を伝えたなら確実にその料金を下回る価格を提示してくれるはずです。

格安料金で引っ越しするためには、ぜひ試してください。