よく耳にするあの栄養成分

今時、テレビや雑誌でよく耳にするDHA・EPAは、体にとっても良いと聞きますが、その効と果は同じなのでしょうか。DHA・EPAは、オメガ3系高度不飽和脂肪酸という名称の栄養素で、化学的な構造など良く似ているので、同じような効果で表現することがあります。

消費者庁の食品の機能性モデル事業は、DHA・EPAの両方で心血管系の疾患によるリスクの軽減や血中の中性脂肪を軽減、あるいは関節リウマチ症状を緩和するに十分な根拠があるとしているそうです。でも、DHAは脳、網膜などを組織する成分でもあることので、脳、さらには神経組織の発育、機能維持の効果などが十分期待されています。また、EPAは、体の中でプロスタグランジン(動物の臓器や組織に微量だけ存在する一群の生理活性物質。アラキドン酸などの不飽和脂肪酸から生合成されて、化学構造における五員環の一部分により、十数種類に分類されている。血管拡張や、血圧上昇、あるいは血圧の降下、子宮、気管支の筋収縮、血小板の凝集やその抑制などの作用に影響がある。)という物質に変化して、血液を固めにくくし、サラサラにすることから、抗血栓作用の効果が大いに期待されているそうです。DHAサプリメントをお試しなら、ベストサプリご紹介します。