不飽和脂肪酸である栄養素の働きについて

不飽和脂肪酸「DHA」と「EPA」の働きについて。不飽和脂肪酸の一種である、DHAとEPAは、魚の油に含まれている、貴重な栄養成分です。

脂質なので、秋刀魚、サバ、鰯等のいわゆる「油が乗った青魚」において、特にさくさん含まれているそうです。「DHA」と「EPA」そのどちらも血液をサラサラにする健康において有り難い成分だとされていますが、その2つの成分それぞれには、他にどのような特長があるのでしょう。DHAは、脳の機能を向上させたり、抗ウツ作用があるといわれているそうです。またEPAには、血栓を出来にくくする役割の他に、抗炎症作用(リウマチや腸炎予防)免疫調節作用、脂質代謝改善作用などがあるのだそうです。DHA、EPAのどちらも人間の体内では生成されない成分なので、先に述べた魚などの食品によってしか摂取できない必須脂肪酸です。毎日家庭での食生活から、またお昼のランチなど、外食においても、意識して摂取することがとても肝要です。DHAEPA,サプリメント,おすすめ