健康診断での医師の診断や診断結果

健康診断で医師の診断や診断結果などにおいて、中性脂肪が数値が高いと言う結果が出てとても心配する人はかなり多いです。中性脂肪値の高い人は、糖尿病を引き起こしたり、動脈硬化の危険因子となることがかなりの確率で高いからです。

中性脂肪とは、お腹の周りや全身についているあの皮下脂肪で、空腹時には中性脂肪そのものがエネルギー源となったり体の臓器を保護してくれる役割があるそうです。例えば、食後に12時間以上経って血液中に中性脂肪10 150ミリグラム以上になっているとすると、高中性脂肪決勝と診断されるそうです。中性脂肪の値が、150から300ミリグラムは軽症なので、お医者様や栄養士の指導のもとに、摂生すれば正常値に戻る確率は高いです。しかし、300から600ミリグラムと言う数値は中等症、600ミリ以上になると重症であり本格的な治療が必要になってきます。中性脂肪が体に蓄積される仕組みとしては、食べて蓄積されたエネルギーが、動いて消費されなかった場合に肝臓で脂肪に変えて蓄積させてしまうと言うシステム構造です。これまでの食生活を見直し、また内容もですが食べる量も見直し、肉を魚に変えたりして工夫しつつ中性脂肪を減らしてください。その手助けと言ってはなんですが、簡単便利に継続できる健康法として、DHA&EPAサプリメントなどを愛用することもお勧めします。DHAEPAサプリメントをお試ししたい第1位は。