コレステロールとは脂質の一種

コレステロールとは脂質の一種であり、人の体では細胞膜、胆汁酸、腎臓皮質ホルモンや性ホルモンの原料となって人の体をキープするのに絶対に欠かせない物質なのです。

コレステロールにはエルDLコレステロールと言う悪玉のコレステロールとHDLコレステロールと言う善玉のコレステロールがあり、その70%から80%は人間の体の中で作られています。また、悪玉コレステロールは肝臓で生成され、血液の流れによって体全体に送られ有効利用されているのですが、そのコレステロールが想像以上に多くなると血液の中に蓄積されてしまいます。そしてその結果、動きようのないLDL悪玉コレステロールは、血管の壁に染み込むしかありません。この状況が動脈硬化の原因になります。また善玉コレステロールであるHDLは、腸で作られて、動脈内に蓄積されたLDL悪玉コレステロールを、回収して肝臓に送り込むと言う役目を果たしています。動脈硬化は、LDL悪玉コレステロールが高すぎる、またHDL善玉コレステロールが低すぎるなど、どちらも問題となります。さらに、中性脂肪と言う支出も増えてしまうと肥満や脂肪肝の原因になって、動脈硬化を導いてしまうのでとても注意してほしいところです。EPA,dha