プリン体の多い食品にはどんなものがあるの?

プリン体は食品100gあたりに300mg以上が含まれていた場合には、高含量といわれています。また1日のプリン体の摂取量が400mgを超えてしまった場合には、尿酸値が上がりやすいと言われているため注意が必要です。

一般的には動物の内臓や細胞数の多い食品、乾燥によって細胞が凝縮されている乾物などに多く含まれているといわれています。
プリン体が多く含まれている食品としては、100g当たり300mg以上を含有している鶏のレバーやイワシの干物、白子、アンコウの肝、干しシイタケやかつお節などがあげられます。次いで100g当たり200mgから300mgの含有量とされているものが、豚や牛のレバー、カツオやイワシ、サンマの干物などがあげられるでしょう。

プリン体が多いと言われているイクラやカズノコ、スジコなどの魚卵は意外にも含有量はごくわずかであり、タラコや明太子なども特別に多いわけではありません。
また気をつけたいものとしてアルコールが挙げられます。プリン体を多く含むものとしてビールを思い浮かべがちですが、アルコールに関しては全般的に注意が必要です。アルコール時代にプリン体が少なかったとしても、アルコールを代謝する際に、尿酸値を上げやすいため、アルコールとプリン体を多く含む食品の摂取は危険です。

http://www.paz-para.com/